Instagram

Twitter

お問い合わせ

新着情報一覧

Blog

2024年02月07日(水)

こんにちは。萌です。

突然ですが、TVやSNSで「NISA」を目にすることが多くなりましたよね。

話題のNISAについて、私自身の勉強も兼ねて今回のブログテーマにしたいと思います。

まずNISA(ニーサ)とは、2014年1月から始まった少額投資非課税制度の愛称です。NISAの名称は日本版ISA(Individual Savings Account、英国の個人貯蓄口座)に由来しています。

2024年からは制度が大きく変更されたことにより、「新NISA」の名前でも知られています。

少額投資非課税制度は、株式や投資信託の配当金や分配金、値上がりで得られた売却益が非課税になる国の制度です。
投資で得られた利益は、通常約20%の税金がかかります。しかしNISA口座から株式や投資信託等を購入すると非課税となります。得られた利益をまるまる受け取ることができるというわけです。

NISAをはじめるにあたって、口座を開設しなくてはなりません。

日本にお住まいの18歳以上を対象とする非課税投資専用の口座(=NISA口座)です。これは、通常の証券取引口座・投信口座とは別です。

証券会社や銀行などの金融機関から申し込みますが、NISA口座は1人につき1つの金融機関でしか開設できません。

したがって、どこで口座をつくるか選ぶ必要があります。(その年に非課税投資を行っていなければ、1年単位で口座開設金融機関の変更ができます)

主な比較点として、以下が挙げられます。

・利用者へのサービス

・購入できる商品

・取引手数料

サービスの例としては、

・保有する残高に応じてポイントが貯まり、普段のショッピングでも活用できる

・株価情報やニュースを無料で見られる

など金融機関によって様々あるようです。

購入できる商品ですが、各機関毎で取り扱う商品の数や種類が異なるということです。

では、どういった商品を買えるのか?

ここからは次回にしようと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。